カテゴリー: 歴史  | 

グリーンハウス 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Google+0

藤沢市善行に世間には殆ど知られていない昭和初期の歴史的な建物があります。
1932(昭和7)年開場のゴルフ場「藤澤カントリー倶楽部」のクラブハウスであった「グリーンハウス」です。当時このゴルフ場は雄大なスロープに富み、富士山・江ノ島・相模湾を見渡す関東一の眺望を誇り、日本プロ、日本オープンも開催された日本有数のチャンピオンコースでした。このゴルフコースは皇族や各国の大公使を始め、著名な政治家、財界人、作家などが交流する華麗な舞台となりました。しかし、太平洋戦争が激しさを増すとともに海軍に徴用され、開場以来11年という短命で閉鎖されました。クラブハウスだけが長年手入れもされずに、かつての白亜の南欧風容姿をとどめ「現存最古のゴルフ場クラブハウス」として今も80年に及ぶ昭和初期の息吹を伝えています。

第1回湘南遺産ウォッチング  https://youtu.be/UTkJUVGG5yg

Fmap

食堂内900階段900ベランダ900

投稿の推薦者: 武士俣光也/善行雑学大学グリーンハウス保存再生推進部会