カテゴリー: 歴史  | 

茅ヶ崎の南湖院

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Google+0

「東洋一のサナトリウム」の遺構

1899年(明治32年)に医師の高田畊安によって設立された「南湖院」は「東洋一の結核療養施設」とうたわれるまでに発展した。最初の入院患者に勝海舟夫人がいた、詩人の八木重吉、小説家の国木田独歩、坪田譲治、中里介山、など多くの文化人が療養に訪れた。
最盛期は、今の西浜中学、西浜高校、太陽の郷を含む5万坪の広大な敷地で、水道は敷地内の井戸から汲み上げ、水洗便所と汚水浄化装置やプール、理髪所、売店を備え、敷地内だけで日常生活は賄え、患者は隣の砂浜で日光浴をして過ごしたようです。富士山を望む気候温暖な湘南を象徴する施設は今も老人ホーム「太陽の郷」に受け継がれています。
なかでも貴重な明治の遺構、第一病舎が、茅ヶ崎市に寄贈されました。また、周囲は一部公園区域を含めて、そのまま保存され一般公開していくことになりました。まさに「湘南遺産」として大事にして行きたいものです。

南湖院900第1病舎900南湖院庭900

投稿の推薦者: 一般社団法人 南湖荘 「茅ヶ崎 太陽の郷」 http://www.taiyonosato.co.jp/